不眠症を改善するために

不眠症で悩む方は増えています。最近のストレス社会では、日本人の約20%近くの方が不眠に悩まされているといわれています。

一過性不眠や短期不眠の症状は、ほとんどが一時的なもので、その原因が判明すれば解決します。しかし不眠期間が1ヶ月を超える長期不眠は、病気などの重大な原因が考えられるため専門医の診察を受けましょう。

不眠症の原因は?

不眠の原因で一番多いのが精神的な要因です。精神的なショックや過度のストレス、不安などによって一時的に不眠の症状が現れます。

次に多い原因は精神疾患などの精神的・医学的要因です。「神経症」や「総合失調症」、「うつ病」など精神科や心療内科でよくみられるパターンです。

また身体的要因による不眠もあり、狭心症や心不全などの発作、気管支喘息などによる呼吸困難、アトピー性皮膚炎による痒みが直接的な原因となります。

精神的ストレスと不眠治療

精神的ストレスは不眠の大きな原因となります。ストレスを溜めないために、生活習慣を正しくし、毎朝早起きし、日中は陽の光を浴びて、適度な運動をする。それだけでも十分効果があるのです。他にも音楽や映像を満喫したり、眠りやすい環境を作ることも良いでしょう。

睡眠薬でぐっすり眠る

睡眠薬は不眠や睡眠不足などの治療の際に用いられる薬剤です。飲むだけで眠ることができるため便利ですが、これは不眠症の根本的な解決ではありません。また睡眠薬は専門医の診断と処方が必要です。薬の量や、服用回数も勝手な判断で増やしてはいけません。

カイロプラクティックで快眠

カイロプラクティック不眠治療に使うこともあります。不眠は首や体の歪みからくることがあるので、この頚椎の歪みをカイロプラクティックで矯正するのです。

頚椎の周りには自律神経が集まっており、頚椎のズレがあると交感神経を刺激して緊張状態が続いてしまうのです。この場合にカイロプラクティックが有効です。