安眠は寝室環境の改善から

質の良い眠りを毎日得るためには、睡眠環境を整えることが大切です。一日の中で長い時間を過ごすのは寝室です。心身ともにリラックスできる環境を整えましょう。

カーテンを変えたり、家具の配置を変えたりするだけでも、部屋の雰囲気や気分は結構変わります。リラックスして眠るための工夫は意外できるものなのです。

明るすぎたり、周囲がうるさいと人の脳は刺激されます。その結果、なかなか眠れなくなります。夜間は周囲が静かになると小さな音でも気になるものです。

では、外からの音が気になる場合の防音対策には、どのようなものがあるのでしょうか。手軽な防音対策としては、カーテンを防音カーテンにする方法があります。もう少ししっかり防音対策をしたい場合は、窓を二重サッシにしてみるのもいいでしょう。

次に明るさが気になる場合はどうでしょう。この場合も簡単な対策としては、カーテンを換えることをお勧めします。遮光カーテンに交換してみましょう。昼間でも外からの光が結構遮断できます。

また、部屋の温度も快適な睡眠には重要なポイントです。暑すぎても寒すぎても快適な眠りは得られません。理想的な室温は夏が25℃で、冬は15℃と言われています。湿度は50%が最適と言われています。

また、寝床の快適温度は約33℃、湿度は部屋の湿度と同様で約50%です。実際の寝床温度・湿度は人の体温や発汗作用がありますのでわかりません。

しかし、快適な温度・湿度を保つ工夫はできます。布団や毛布の枚数、寝巻きの種類などで微調整をしましょう。エアコンを使用する際の設定温度は冷房なら25℃~28℃、暖房ならは18℃~22℃が最適温度です。

また、夏場はエアコンの風が体に直接あたらないように調節しましょう。冬場は乾燥し過ぎないように加湿器などで加湿することを忘れないようにしましょう。また、適度な換気も温度調整には有効な方法です。

このようなちょっとした工夫で、安眠を得るための快適な睡眠環境を整えることができます。寝室を自分の落ち着ける空間に変えて、快適な睡眠を得ましょう。