アルコールで不眠対策は考えもの

眠れない時でもアルコールを飲めば眠ることができる。不眠解消に寝酒をあげる人は非常に多いです。それに対して、病院で診察を受けて睡眠薬などを飲むと言う人は寝酒の半分程度しかいないそうです。

確かに適度な飲酒は興奮を抑えて寝つきを良くする効果があります。しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

実はアルコールには催眠効果があります。そのため、覚醒の働きを抑える効果もあるのです。そのために深く眠ることができた、熟睡できたという気持ちになるのです。

しかし実際には、お酒を飲みすぎると脳が麻痺してしまいます。その結果、ちゃんとした睡眠がとれなくなるのです。つまり、本当に熟睡しているのではなく、感覚が麻痺しているために熟睡したと錯覚しているのです。

また寝酒をすると利尿作用が働きます。そのため、夜中にトイレに行きたくなります。その結果、夜中に中途覚醒しなければならなくなります。眠るために飲んだはずのアルコールが、結果的には睡眠の妨げになるのです。

アルコールを飲まなければ眠れないという考え方はやめましょう。また、たまの楽しみとして眠る前に飲酒する習慣があるならやめましょう。

しかし、寝酒をしていた人が急に寝酒をやめたら眠れなくなったりします。つまりアルコールを断ったことで逆に不眠症に陥ってしまうことになるのです。この場合、アルコール抜きでは眠れなかったり、悪夢を見たりするために熟睡できないと言った症状が現れます。

また、寝酒も度が過ぎるとアルコールの量が増えていきます。その結果、最後にはアルコール依存症になってしまうこともあるのです。そうならないためにも、アルコールを断ったことで不眠に陥った場合は、速やかに専門医に診てもらい、睡眠薬などの処方をしてもらいましょう。

最近、日本では不眠症に悩まされる人が増えています。そのため、医療機関でも不眠外来を設けている所が増えています。眠れないからとアルコールに頼るのではなく、不眠が長期的に続く場合は早めに不眠外来などを活用しましょう。アルコールは適量、適度が重要なのです。