電気睡眠導入器スリーピー

不眠を解消する方法に市販されている器材を利用するという方法があります。ここではその一つである「電気睡眠導入器スリーピー」を見てみようと思います。この機器は、精神的な緊張に伴う不眠症に効くとされています。また、家庭用医療用具としての承認も受けている機器です。

承認までの道のりは長く、開発は昭和48年から始められたそうです。そして、平成5年にやっと家庭用医療用具としての承認がおりたのです。

どのような機器かというと、仕組みとしては刺激の無い、微弱のパルス波を通電するものです。このパルス波は人間の脳の近くの周波数に近いものになっています。つまり眠りの脳波に近いものになっているのです。

これが交感神経の緊張を和らげて、寝つきをよくするのです。その効果は試してみるとよくわかります。手の温度があがり、血行もよくなるのです。もちろん安全ですし、副作用もありません。

スリーピーの微弱パルス波は14Hzくらいから始めまり0Hzに向けてゆっくりと変化していきます。眠りが深くなるに従って、人の脳波はゆっくりと低下していきます。それに合わせてあるのです。

・気持ちが高ぶって眠れない。
・夜勤などで生活リズムが替わって眠れない。
・時差ボケで眠れない。
スリーピーはこのようなときに気軽に使え、操作も簡単です。

また、アルコールように習慣性がありません。ですから安心して使用することができます。

使い方は簡単です。頭に装着するヘッドバンドのパットに生理食塩水を含ませて装着して、あとは電源を入れて眠るだけです。確認スイッチで発信音を確認してから眠ると安心でしょう。

タイマーは30分と60分があります。スリーパーを使うと徐々に体の力が抜けていきます。そのため自然に眠れるようになるのです。機器のサイズは126mm×35mm×34mmで、重量は電池を入れても105gです。製造元は、株式会社ホーマーイオン研究所です。

電気睡眠導入器スリーピーは眠りを誘引する機器です。不眠症に悩まされている方は、一度お試しになってみるのもいいかもしれませんね。