快眠は布団から

睡眠中に体にストレスをかけないためにも、快適な睡眠環境つくりを心がけましょう。枕と同様に、不眠を解消する環境作りで重要なのが「布団選び」です。

睡眠中に体を支えるものと言えば、やはり「敷き布団」でしょう。敷き布団は睡眠中の体を支える大事な役割を果たしています。つまり腰痛や血行、快眠などに大きく影響を及ぼすのです。

では、敷き布団を選ぶ際のポイントはどのようなものでしょう。それは仰向けに寝て、体が軽いS字になる程度の硬さかどうかということです。

なぜなら、人間の体は立ったときに緩やかなS字型を描いているからです。ですから、背骨の自然なカーブを保持できる程度の硬さがあれば言うことありません。

肩やお尻等の沈みこみやすい部分が適度に支えられると、腰痛なども防げます。これが柔らかすぎる敷き布団だと、体が沈みこんでしまい、腰に不要な負担をかけることになります。

逆に硬すぎてもいけません。体の血行が悪くなってしまうからです。

横になった際に体の力が自然に抜ける状態が最適です。昼間使った全身の筋肉を休めて、リラックスできることが重要なのです。

また、寝ている間には人間誰しも寝返りを何度か打ちます。その際に体が大きく沈み込まない硬さが最適な敷布団の硬さです。どの程度、布団やマットレスで体を支えられるかで、寝心地や安眠感が違ってくるのです。

では、ベッドのマットレスの場合はどうでしょうか?敷き布団のときと違うのでしょうか?答えは「NO」です。ベッドの条件も敷布団と同様の条件です。

硬すぎず柔らかすぎず、体が自然なS字型体勢をとれるものを選びましょう。唯一違うのが、マットレスにはベッド幅があるということでしょうか。最低でも90cm幅は欲しいところです。そうしないと寝返りを打った際に、ベッドから落ちてしまいます。理想で言えば、両手を広げたくらいの幅です。

これだけあれば安心してぐっすり眠れるのではないでしょうか。これらのことに気をつけて、自分にあった布団でぐっすり眠れるようにしましょう。